セラピスト紹介
  1. トップページ > 
  2. セラピスト紹介

お問い合わせはこちら

セラピスト紹介

氏名
くらみ ゆかり(くらみ ゆかり)
保有資格
助産師、看護師、全米催眠療法協会(ABH)認定、
米国催眠士協会(NGH)認定
専門
催眠出産、催眠妊娠、年齢退行、胎児期退行、前世療法、副人格療法、悲嘆療法、GIFT

20年間、助産師や看護師をして、見えない不安からくる体調不良の方達と接しました。病院ではできない、ボディ・マインド・スピリットの三位一体のケアをしたいと思い、各種心理療法を学びました。様々な悩みのカウンセリングを行う中で、見えない不安に打ち勝つことや、自分らしさを活かし幸せに生きる基礎は、胎児期から乳児期に作られていると実感しました。

そこで助産師の知識と深層心理療法を使った育児相談(不登校児も含む)・不妊相談・お腹の赤ちゃんの想いを感じ取るベビーコミュニケーション(胎話)のほか、自己肯定感が身につく子育て方法や暗示力を磨くセミナーを開催しています。これらは他にはない内容になっています。

これらに参加された多くのお客様が、
・母親も子供も自己肯定感が持てるようになり、家庭が明るくなった
・自分らしさを活かす育児ができるようになった
・不安が最小限になり、寛容な気持ちで穏やかに過ごす時間が増えた
と、癒しと学びの時間を体験され好評を得ています。

ブログ:http://ameblo.jp/eirkurami/

氏名
岡田 裕美(おかだ ゆみ)
保有資格
保育士、全米催眠療法協会(ABH)認定、米国催眠士協会(NGH)認定
専門
年齢退行、胎児期退行、前世療法、副人格療法、悲嘆療法、GIFT

私は田舎育ちなのですが、上京して10年ホステスの仕事をして生きてきました。
男女問わずたくさんの人と関わってきて思った事は、自分も含め、皆自分を守るのに必死、ということでした。
都会はスピードが早く、自然と肩に力が入ってしまいます。
そんな中、人間関係でうつを経験し、何度もその波に呑まれるうちに、自分の力の限界を感じました。
そして、その時に出会い、再び世界と向き合うきっかけになったのが催眠療法でした。
催眠療法とは言うなれば、自分自身と向き合い、自分の答えを自ら引き出すということです。
人にどうこうしてもらうものではない、という意味では簡単なものではないのかもしれません。
しかし自分で気付く、みつける、ということに大きな意味があるのです。
その経験は必ずその後の力になります。
今のこの現実をどうにかしたいけど、どうして良いかわからないと感じる方に催眠療法は大きなきっかけをくれます。
人によってはきっかけどころか、自分で作っていた壁や制限を越え、本来持っている力を存分に発揮されている方もいます。
この手法を通して、私にも何か出来ることがあればと今は強く思っております。

氏名
本郷 泰子(ほんごう やすこ)
保有資格
全米催眠療法協会(ABH)認定、米国催眠士協会(NGH)認定、
米国アルケミー催眠協会認定ソマティックヒーリングアドバンスコース修了
日本ホリスティック医学協会会員、日本ソマティックヒーリング研究会会員
専門
トラウマ療法、ソマティック療法、催眠療法全般

トラウマ療法 「マインド エレベーション」
安全な段階を踏まえてトラウマを解消していく手法。心の傷が人生に影響する度合いは様々ですが、家族間の重いトラウマ、犯罪被害者のトラウマにも安全な段階を踏みながらおこなう療法です。また トラウマ療法の手法としてセラピストにお教えもいたします。

ソマティック療法
潜在意識を活用して自己治癒力を活性化させていく手法です。また病と向き合うクライアントが生き生きと充実していただく事がこの療法の主眼です。そして支える家族の方にも大変良い影響があるのを経験的に感じております。病から生き方の変換点を与えられるのかもしれません。

母がうつ病を患い寄り添い看病をした経験から、人の心の傷に向かい合い癒していく道へと経験の一歩が始まりました。不思議なもので周りに心の傷を抱えた人たちが沢山いらっしゃり、なぜか相談を受けるたびに、自分の無力さを感じそれが勉強のきっかけになっていきました。
長らく小さなアパレルで働いておりましたが、エステシャンに転職して、心と身体の 不思議な関係を体験し、視野が広がりました。

氏名
中沢 久仁子(なかざわ くにこ)
保有資格
全米催眠療法協会(ABH)認定、米国催眠士協会(NGH)認定
専門
年齢退行、胎児期退行、前世、副人格退行

結婚と同時に夫の家族と同居し、義父が亡くなったことで、嫁姑問題を経験する。それが原因で自分がうつ病になり別居を決意、その後、病気は完治したが、離婚が成立しシングルマザーとなる。 
現在13才の息子を、幼い頃から七田教育に通わせ、 「我が子のそのまま全てを愛し、人の役に立つ大人に育ててください」 と親も教えられる。
子供に教えると同時に、私も人の役に立つ仕事がいつか出来ればと思い続けていた。 ブライアン・L・ワイス博士の前世療法の書籍に出会いその時に、難病にも指定されない血液の病気に苦しむ友人に、もしかしたら、前世療法を受ければ回復することもあるのではと、村井啓一先生のスクールを受講する。そこでヒプノセラピーの素晴らしさを知る。
17年間の企業勤務、結婚・離婚、育児・仕事の両立、それらを経験することで学んだ事を通し、私と出会った一人でも多くの方に、元気に輝いてもらいたい。 そして「自分自身が幸せを感じることが一番」を信条に、本来持っている自分の素晴らしい可能性に気づき、本当の幸せを探すことが出来るよう、サポートをすることを常に心掛けている。

氏名
伊ノ木 貞夫(いのき さだお)
株式会社JHC最高技術顧問
保有資格
全米催眠療法協会(ABH)認定、米国催眠士協会(NGH)認定、
米国アルケミー催眠協会認定、
専門
催眠療法全般

日本ホリスティックアカデミーにて村井先生に師事し、ベーシックコース、マスターコース、年齢退行療法プロフェッショナルコース、前世療法プロフェッショナルコース、ソマティックヒーリングベーシックコースを修了。
米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)認定ヒプノセラピスト及び、米国最大の催眠療法士の非営利団体である米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists) 認定ヒプノセラピストとなる。
その後ソマティックヒーリングの創始者である米国アルケミー催眠協会(Alchemy Institute of Hypnosis)のデイヴィッド・クィグリー氏より、ソマティックヒーリング上級コースの指導を受ける。
2010年には米国催眠士協会および米国催眠療法協会マスター・インストラクターの村井啓一氏から両協会のインストラクターとしての認定を受ける。
米国催眠士協会認定インストラクターとしては日本最年少インストラクターとなる。 また、同年に前世療法の世界的権威である精神科医ブライアン・L・ワイス博士から、米国で前世療法プロフェッショナル・トレーニングを受講する。
さらに、日本ヒプノ赤ちゃん協会代表・宮崎ますみ氏より直接指導の下、日本ヒプノ赤ちゃん協会認定プラクティショナーとなる。